引張試験

販売製造する前に

工業製品には大きな力や熱がかかる。
機械や道具などには、その力を十分に発揮するための力が加わるため、それに耐えられるほどの作りに組み立てられなければならない。
構造物も同じである。

このため、工業製品を製造・販売する前には、十分な材料試験が必要とされる。
材料試験には、高熱を加える熱疲労試験や、引っ張る力を試す引張試験などがある。

材料試験にはそれぞれ異なる目的があり、使われる機械も異なる。
このため、引張試験では引っ張る力の数値を出す機能などが付いている。

あらゆる方法で調べる

材料試験はものに関わる様々な試験の総称である。一口に材料といっても、建築物や車、飲食に関わるものなど多岐に渡る。
あらゆる方法で工業製品の耐性を調べることが出来る。

詳細を確認する

見える化する

データは数値化されることで見えるようになり、そうすることで正確な性質をつかむことができる。
この数値化は、グラフによって表示され、引張試験ではたいてい曲線となる。

詳細を確認する

適切な手順

引張試験で使われる材料には、金属やプラスチック、ゴムなどがある。
これらの素材はベルトコンベアーや車にも使われているため、特に適切な手順に沿って試験する必要がある。

詳細を確認する

機械を安全に使う技術

機械は使っている時に思わぬ力が加わることがある。そのため、機械を安全に、正確に使うためには、正しい技術と知識が必要となる。
機械製造会社ではそれに多く関わっている。

詳細を確認する

プラスチックの弾性を調べる

プラスチックは、金属の次に工業製品として使われており、しかも塩化ビニルやアクリル樹脂など様々な種類がある。
このため、専用に調べる機械も存在し、調べる基準もある。

詳細を確認する

基本的な構造

引張試験に使う機器には、それぞれの検査に応じたものがある。引張試験機の基本的機能はクロスヘッドとモーターである。
他にも特殊な材料試験機があるが、専門の業者で調べてもらうこともできる。

詳細を確認する